美容

ヘッダー

くすみがひどい!そんな時に改善する方法は?

    

肌がくすんでいるといかにも生活に疲れた印象を与えてしまいます。

くすみがひどい肌よりは、ない方がキレイに見えます。

透明感のある肌は女性の憧れです。
あきらめないで下さい。

くすみはお手入れや方法次第で改善することができます。

くすみ

 

くすみの改善の第一歩は、くすみのタイプを知る事

 

まず、自分はどんなタイプのくすみなのかを知ることから、

対策を始めましょう。

 

以下は、くすみの原因とタイプです。

 

・メラニン蓄積タイプ:若いころに紫外線を多量に浴びた人。
・乾燥タイプ:洗顔後に肌がつっぱる人。
・角質蓄積タイプ:ニキビや吹き出ものが出るタイプの人。
・血行不良タイプ:睡眠不足、運動不足のタイプの人。

 

「くすみ」と一言で言っても

実は、色々な原因と種類が存在する事がわかります。

 

くすみのタイプ別対処方法について

 

次に、それぞれのくすみのタイプに対しての

アプローチの仕方です。

 

・メラニン蓄積タイプの人は、皮膚や粘膜を保持するビタミンAを摂取しましょう。
ビタミンAを多く含む食材は、ウナギ、レバー、ニンジン、ホウレンソウなどです。
メラニンが原因なので美白ケアをしましょう。

 

乾燥タイプの人もメラニン蓄積タイプの人と同様に、

ビタミンAを含む食材を取り、保湿対策をすると改善されます。

 

角質蓄積タイプの人は、ビタミンEを含む食材を摂取しましょう。
ビタミンEを含む食材はアーモンド、ツナ缶、タラコ、モロヘイヤ、カボチャ、ウナギなどです。

 

血行不良タイプも角質蓄積タイプと同様にビタミンEを摂取しましょう。

 

*ビタミンEは角質硬化防止や抗酸化作用、皮膚の血行促進、冷え性防止効果があります。
くすみを取る効果以外にも肌質全般を上げるので、日々の食事に取り入れるようにしましょう。

 

その他、くすみの原因について

 

以外に見落としがちなのが以下の

原因にて、肌がくすみがちに見える場合です。

 

 

・肌の糖化

糖化とは、体内のタンパク質と糖が結合して老化物質を作り出す現象のことを言います。
糖化が起こると、肌のハリや弾力がなくなり肌がくすむようになります。
マーガリンやスナック菓子、ジャンクフード、チョコレート、炭水化物の食べ過ぎなどが
肌の糖化の原因となります。

 

・産毛のせいでくすんで見える可能性もあります。
顔の産毛を処理することで肌が明るくなります。

 

その上美容液などの浸透も良くなります。

 

・タバコのせいで肌がくすむ場合もあります。

 

タバコは毛細血管を収縮させて血液の循環機能を低下させるので、

血行不良の原因になります。

またビタミンCも失われ肌の新陳代謝が低下するので肌全体がくすんでしまいます。

 

肌のくすみの原因は紫外線によるものだけでなく、

慢性的な運動不足や睡眠不足、ジャンクフードや甘いお菓子の食べ過ぎなども大きな要因のようです。

体質を変えるには最低3ヵ月はかかると言われていますが、肌のターンオーバーは約1ヵ月です。
まずは1ヵ月間美肌生活を続けて、くすみのない透明な肌を手に入れる努力をしてみましょう。

 

くすみ解消?コスメ

 

クスミ対応の洗顔料というのが売りです。

洗顔から、くすみを見直すのもいいかもしれません。

 

二十年ほいっぷ

 
⇒ クスミに定評?二十年ほいっぷ