美容

ヘッダー

美肌と血液の関係

    

肌の健康には、血液が密接に関係しています。

血液の中には、皮膚の若さを保ち、皮膚の病気を防ぐための沢山の栄養素や、水、酸素、免疫物質、白血球などが含まれています。
それらを全身にくまなく行き渡らせることで、肌を綺麗に保つことが出来るのです。
また、血行を良くすれば、皮膚の細胞の新陳代謝を高め、コラーゲンの生成を促すこともできます。
このように、綺麗で健康な皮膚と血液は密接な関係にあるのです。

暑さ、寒さの厳しい時期にはどうしてもエアコンの効いた部屋に閉じこもりがちになります。
そうすると、皮膚で感じる温度変化が少なくなってしまい、血行が悪くなってしまいます

では、どうすれば血行を良くして、皮膚を健康に保つことが出来るのでしょうか?eb1c3dc097ef61ff6141c1a152be9ccf_s

その方法は簡単です。
一つは入浴、二つ目は運動です。

体を温めて血行をよくする方法の中で、最も簡単で即効性のあるものは入浴です。

38℃から41℃のぬるめのお湯が副交感神経の働きを活発にし、リラックス効果もあるというので、一番お勧めらしいですが、
自分が一番気持ち良いと感じる温度が、健康にとっても、血行を良くするにもベストのようですので、自分に一番合う温度で入浴しましょう。

入浴は、温熱による血管拡張作用で、血行が促進され、肌や内臓への酸素供給や栄養補給が増し、肝臓や腎臓からの老廃物の排泄作用も促されるので、血液が浄化されて、肌も美しくなります。

また、入浴によって体温が上昇してくると、皮脂が沢山分泌され、皮膚表面の汚れやばい菌を洗い流します。
さらに、汗と交って皮脂膜をつくり、肌に潤いを与え、しっとり肌を作ります。

次に、運動です。

運動をすれば血行が良くなるだけでなく、汗や皮脂の分泌が多くなり、皮膚がコーティングされて、美しくなります。

とはいっても、どんな運動をすればいいのでしょうか?また、運動する時間はどうやって作ればいいのでしょうか?

すでに、ジムへ行ったり、何らかのスポーツをされている方は、そのまま続ければOKです。

でも、運動をしていない人が手っ取り早く始められるのが、ウォーキングです。
時間のない人は、通勤の時、一駅前で降りて、歩くなどの工夫をしましょう。

それでも時間のない人、ウォーキングさえもやる気が起きないという人には、スクワットがお勧めです。

スクワットは、肩幅よりやや広めに両足を開いて立ち、両手は頭の後ろに持っていき、その姿勢から、息を吸いながらしゃがみこみ、息を吐きながら立つ、という簡単な運動です。

始めは、10回くらいを1セットとし、1セットしたら少し休み、5セットくらいやると効果的です。

入浴は毎日やること、運動もやる気にさえなれば、10分くらいの時間は取れます。
簡単なことでも、継続すれば、効果ありではないでしょうか。